最高の人生を実現する医師のための資産形成ガイド

HOME » 開業医・勤務医必見!クリニック経営の成功事例 » 勤務医の節税対策と開業のすすめ

勤務医の節税対策と開業のすすめ

勤務医でも節税できるか

一般的に、勤務医は節税ができないとされています。

開業医であるなら、業務に関係するさまざまな出費を経費として計上することができるため、見かけの所得を下げることで節税が可能。

一方勤務医の場合は、そもそも経費という概念がなく、対策をしようにも手の打ちようがないというわけです。

しかし例え勤務医であったとしても、節税ができないわけではありません。実現可能な範囲では、主に以下の2つの方法によって、相当額の節税が実現できます。

起業する…医療に関連する事業を請け負ったり、自身の資産を管理・運用したり、勤務医をしながらでも運営できる法人を設立することで、さまざまな税金対策が取れるようになります。

不動産投資をする…不動産投資に絡む各種の費用は経費として計上できるため、上手に運用することで節税が見込めます。

このほか、開業してしまう、という方法も考えられます。節税のために開業するというのは現実的ではありませんが、もし将来的開業するための資金を貯めるために節税を考えているなら、そういったビジョンも含めて、医師の開業支援や資産形成などを請け負う専門家に相談されてみることをおすすめします。

上記いずれの方法も、簡単にはできないことです。ある程度知識も必要ですし、手続きに手間と時間が掛かります。

とはいえ、税金は働いている限り逃れられないものです。10年・20年と支払い続けていくことを考えると、節税をしなかった場合とした場合とでは、最終的に得られる金額に大幅な差が生まれます。医師のように高収入だと、その差は特に顕著でしょう。

税理士をはじめ、節税にかんする相談を受け付けているサービスはたくさんあります。実際、そういったところに相談して、節税や資産形成に成功した医師は少なくありません。

節税・資産形成に成功した医師の体験談>>

相談だけなら無料、というところも少なくありませんので、まずは専門家の意見を参考にされてみることをおすすめします。