最高の人生を実現する医師のための資産形成ガイド

HOME » 医師のための資産形成【投資】 » 証券

証券

株式投資による資産形成の特徴

株式投資は、株式市場でやり取りされている株式(株券)を売買し、利ザヤを稼ぐという投資方法です。

証券口座を持っていて、インターネット環境があるなら、誰でも取引に参加することが出来ます。

取引の流れは、まず数千に及ぶ銘柄から、今後株価の上がりそうな株式を購入し、じっさいに値が上がったタイミングで売る、というものです。

値上がりのタイミングは、1分後かもしれませんし、1日後かもしれませんし、1年後かもしれません。また、必ず上がるとも限りません。

市場の動向を読んで、それに合わせて売買をしていく必要があるわけです。

そのメリット

株式投資のメリットは、個人で行うか、投資信託に任せるかによって変わってきます。

まず個人で行う場合のメリットとしては、数万単位の少額で始められること。また、もしある株式を購入後にその株式が暴騰した場合、一攫千金が狙えることなどが挙げられます。

続いて投資信託に任せる場合のメリットですが、ローリスクで安定したリターンが見込めることです。

株式の値動きには、激しく上下するものや、安定して緩やかに上昇するものなど、銘柄によってさまざまなパターンがあります。多くの投資信託では、プロの投資家が比較的値動きの安定している銘柄を選んで投資しているため、リスクが低いわけです。

このほか、株式をもっていると、銘柄によっては配当金や株主優待券などをもらえる、というのもメリットと言えるでしょう。

そのデメリット

株式投資のデメリットとしては、知識のないまま取引を行うと、大損してしまう可能性があることです。

株式投資には、多面的な情報から値動きを分析する力や、損失が浅いうちにその銘柄を売却してしまう見切りの良さなど、様々な技術が求められます。一朝一夕でできるものではありません。

また、投資信託に任せる場合も、その投資信託が信頼できるものかどうかを見極める力が必要です。

しかし、株式について経験値を高めるのは、平日仕事のある人にはなかなか難しいでしょう。というのも、株式市場は平日の9時~11時半・12時半~15時までしか開いていないためです。

どのような投資でもそうですが、もし堅実な資産形成を考えるなら、個人で動き出す前にまず投資の専門家に話を聞いてみることをおすすめします。

投資コンサルの相談窓口や各種セミナーなど、資産形成にかんする情報を得られる場はたくさんありますので、まずはそういったものを活用されてみてはいかがでしょうか。