最高の人生を実現する医師のための資産形成ガイド

HOME » 医師のための資産形成【投資】 » 不動産

不動産

不動産投資による資産形成の特徴

不動産投資は、最初に大きな金額を投入(もしくは借り入れ)することで不動産を購入し、その不動産を賃貸しながら資金を回収していくという投資です。

大まかに、一棟を丸ごと購入する一棟不動産投資と、一部屋だけを購入するワンルーム不動産投資に分けられます。最近はビジネスマンを中心に初期投資が少なくて済むワンルーム不動産投資が流行していますが、最初に億単位のまとまったお金が用意できるなら、より運用の自由度が高い一棟不動産を検討してみるのもよいでしょう。

そのメリット

不動産投資のメリットは、軌道にさえ乗れば利回り5%前後で安定した資産形成ができることです。

基本的には賃貸管理等を請け負っている不動産会社と二人三脚で運用していくことになりますので、ほとんど手間も掛かりません。

また、賃貸である程度資金を回収したら、その不動産を売却して、まとまったお金を手に入れる、といった方法も採ることが出来ます。

不動産を購入したことによって掛かる様々な税金は経費として計上できるので、初年度は大きな節税効果が見込める、というのも見逃せないポイントです。初年度以降も、不動産のメンテナンス費用等は経費に含めることが出来ます。

もちろん利益が上がっていなければメンテナンスをしても赤字となってしまいますが、上手に運用することで継続的に節税対策ができるというわけです。

そのデメリット

不動産投資のデメリットは、最終的な収益が運用してみなければわからないということです。

不動産投資の利益は、大抵の場合、家賃から管理費や借り入れの分割払い分を差し引いた金額となります。いくら魅力的に思える物件を購入したとしても、その物件を借りてくれる人がいなければ、お金が出ていく一方となってしまうわけです。

また、取引の実情から離れたところにいるため、運用状況がどうなっているのかなかなか掴みづらい、ということもあります。

本当に信頼できるパートナーを選ばなければ、空室が続いたあげく、二束三文で売却することになるかもしれません。

ミドルリスク・ミドルリターンで中長期的に資産形成したい人に向いた投資方法ですが、個人でいきなり始めるのは、少々ハードルが高い投資と言えるでしょう。

まずは業界についてしっかり勉強するか、信頼できる専門家に相談されることをおすすめします。