最高の人生を実現する医師のための資産形成ガイド

HOME » 医師のための資産形成【投資】 » 保険

保険

保険による資産形成の特徴

一般的に、保険というものは「月々一定額を支払うことで、何かあった場合にまとまったお金を用立ててくれる仕組み」と理解されています。

しかし、保険には無数の種類があり、中にはお金を貯蓄できるタイプのものも存在します。

幅広い保険商品についてしっかり目を光らせて、有利な条件で貯蓄できるものを契約すれば、やり方次第では資産形成の強い武器となります。

そのメリット

貯蓄タイプの保険のメリットは、低リスクで堅実に資産形成できることです。

ほとんどの投資には元本割れ、または借金といった危険性が付きまといますが、保険でそういったケースに陥ることはまずありません。外貨建ての保険など、商品によってはリスクの高いものもありますので、契約時にどういった形で運用されているのかという注意は必要ですが、そういったものはごく一部です。

また、貯蓄タイプの保険商品は基本的に最低金利が保証されているので、契約内容に沿って支払いを全うしていれば、確実に資産が増えていきます。

短期間でお金を作るのには向いていませんが、お子さんの教育資金や老後資金など、緊急性の低い用途の資産形成にはぴったりの投資方法と言えるでしょう。

そのデメリット

保険商品のデメリットは、大きくお金を増やすことができない点です。

堅実に資産形成ができるのはメリットですが、それは増やせる金額が小さいことの裏返しでもあります。

また、中長期で元を取る形のため、あまりに短期間で解約してしまうと、元本割れを起こしてしまう可能性があります。

貯蓄型の保険は、中長期のローリスク・ローリターンの資産形成方法というわけです。

ただ、資産形成を目的に保険を選択するのは、一般的にはおすすめされません。保険よりもっと高い利回りが期待できる投信積立などを活用したほうが有効でしょう。

優秀なファイナンシャルプランナーがついて上手に資産形成プランを組み立ててくれるならば別ですが、多忙な職に就いている人が、数ある保険商品の中から自身に有利な条件のものをピックアップするのは至難の業です。

保険で資産形成を考える時は、まずは専門家に相談されることをおすすめします。